Sunday, 10 January 2010

心理学を応用した占星学とは?

まず、占星学とは何かをはっきりさせたうえで、さらに心理占星学を定義し、私が心理学的要素をいかに占星学に利用をしているかを説明します。

そのばあい、私は二人の人間の交わす会話に注目します。誰かが自分の占星学チャートを読んでもらいたいというときは、大抵何かを解決したいと考えています。時に、難しい問題を抱えています。勿論、質問する側は答えが欲しいと思い、さらに重要なこととして、チャートを読む側は答えを上げたい。

占星学は魔法なようなものではなく、実用的なツールです。そのツールによって私たちが持つそれぞれ異なるレベルでの質問や答えを見つけることが出来ます。そして、それが占星学が何万年もの時経てほとんど姿を変えることなく今も存在し続ける最大の理由なのでしょう。

テクノロジーの発達により、新しい惑星や彗星、惑星の持つ月などが見つかりましたが、それらは占星学を弱めるどころか逆に付加価値をもたらしました。

占星学は人間の思考以外のところから与えられる答えを見つけるツールです。惑星は意見を持たず批判もしません。あるのは、ただ、客観性のみです。その客観性により、占星学は本来の力を発揮し、私たちの中の自身を反映させます。

今、人々がみんなそれぞれであるために、占星学を学んだり教えたりするときには、客観性を保ちそれを強化していくことが大切です。ある人が占星学を学び始めると同時にその人は周りから突然新しい認識でもって見られることになります。それが、現実的かそうでないかはさておいてです。あなたが占星学者であると人に言うならば、きっと、独特な反応をその相手から受けるでしょう。人によっては畏敬であったりまたは愚弄であったりします。

どちらにしろ、あなたは「普通の人」ではなくなります。(普通がどういう意味を持つかは皆さんそぞれかも知れませんが。)

続く。

No comments:

Post a Comment