Tuesday, 1 December 2009

A☆Pクラス 11月21日

今日は土星の必要な単語を成長していました。

伝統的に、普通の☆読みでも、土星は悪いの読み方があります:死ぬこと、憂うつのこと、惨めなこともです。

私にとって、このような読み方を使うと不満の原因があるし、不生産的と思います。経験の利点を中心してる読み方を選んで方がいいと思います。

これを選んだら、土星のエナジーは実在のこととなります。もしこの実際の読み方を使ったら、土星を通過のとき、人の実際に関して心構えが判ります。

人の(自分のほうでも!)心構えが判ったら、どのような反応も予想できます。自分で自分の心構えが同一物であると認められたら、土星が通過のエナジーは私たちの生活でもよりよく判るし、私たち自身の責任を負います。

今日のクラスで、来年の土星の通過してるアスペクトを中心しました。

最初で、ネイタル チャートを印刷したら、めいめいのチャートで土星の通過のところを書き込みました:サインのデグリーも月も含めました。

次、土星の通過のネイタル惑星とのアスペクトリストを書きました。
例えば:T土は0度天;90度水(一月と七月)
チャートでサインも度もすぐに見えます。

最後で、キーワード(形容詞と名詞)リストを作りました。
現実的な自覚
締め付けた洞察
現実的な変化
集中した変化
実用的な洞察

天王星は例のチャートで10宮がある。それゆえにこのエナジーは仕事や社会やこの世界での生き方などの関係があります。

伝統的に、土星は年上の男(でも女の人も出来ると信じてます)、先生も父親みたいな人です。伝統的に、男の人の義務だったが、最近、文化が変わっていたので、女の人も義務です。どんなに誰でも野義務があるとも、土星のエナジーが変わってない:現実のことです。

先生の人たちは目標の進み方を補導する。父親は家族の必要なことを与えらなければならない。近代のとき、男女平等したがって土星的なエナジーを持ってる人と言うなことになります。

最後に、みんなの土星に関して悪い心構えの理由は私たちの現在での経験こそと思います。夢も理想も信じてることは必要が、実際での免れられないことと組み合わせたら、信じていることが負けます。

土星は理想を現実にするの意志です。実際と言うなことと焦点できない場合は、ただ希望のことをくっつくと、現実なことを経験したら苦しい時にします。



No comments:

Post a Comment